top of page
  • Yasuhiro Koma

VCJ Split2 Playoff Finals Day1 SCARZ vs FENNEL

6月3日に『VALORANT Challengers Japan Split2 Play Off Semi Final』が開催された。



VCJ Regular Season を1位で通過するも、Playoff Upper Bracket FinalでJadeiteに敗れたSCARZ。


そしてRegular Season を3位で終えると、PlayOffs ではCrest Gaming ZstとCrazy Racoonの両チームにフルマップの激闘の末勝利したFENNEL。


前日の大雨の影響で試合開始時刻も遅れたこの激闘を制し、Jadeiteの待つGrand Final への切符を手にしたのは果たしてどちらのチームか?!



下馬評とチーム状況

Regular SeasonではYoshiiiの大活躍もあり、HAVENにて13-5と圧勝するなどFENNELを圧倒したSCARZが事前の勝利予想ではやや優勢か。


しかし同カードの対戦となった三ヶ月前のSplit 1 Playoff Semi Finalにおいて勝利したのはFENNEL。BO5(※)番長とも呼ばれるその実力を今回も見せられるだろうか。

 

 ※BO5 = Battle of five

   最大5マップで試合を行い、3本先どりしたチームの勝利する形式のこと

 SCARZのメンバーと試合開始前までの通算スタッツ



注目はJemkin。ACS(※)全体2位、KAST(※)全体1位の成績を残す高水準のロシア人デュエリスト。


また今シーズン多くのクラッチを見せているAllen、TORANEKOの日本人コンビにも注目が集まる。


全体としてSCARZは、Kr1stalのIGL(※)の元ドライピークを積極的に行う攻撃的なチーム。


 ※ACS = Average Combat Score

どれだけ有効なキルを取っているかを示す数値

 

 ※KAST = kill /assist / survive / trade のどれかに関与するラウンドの割合

  どれだけ無駄死にしていないかを示す数値

 

 ※IGL = in game leader

  試合の中でリーダーとして味方に指示を出すキャプテン

 FENNELのメンバーと試合開始前までの通算スタッツ


 

注目はACS全体5位、KDA(※)全体2位のSyoutaとClutch(※)数全体2位のhiroron のコンビか。それぞれセンチネル、コントローラーながら撃ち合いには圧倒的な強さを持っているプレイヤーだ。


個々で勝負できる能力を持ちながら、JoxJoのIGLの元に全体でまとまった連携の取れる隙のないチームがこのFENNELだ。


Map Ban Pick

マップのピックはこのようになった。



事前の予想ではSCARZがロータスをバン、FENNELがバインドをバンすると予想されていたが、FENNELがバンしたのはここにきてフラクチャー。


さらにファーストピックにバインドをピックしてみせたFENNEL。


まだ一度も見せていないバインドでの戦いに期待が高まる。

実況解説はお馴染みのOooDa & yukishiro コンビ。



声出しも解禁されたEDION ARENA OSAKA では、選手入場から大歓声に包まれた。



1st. HAVEN


( Defender - SCARZ. Attacker - FENNEL. )


ファーストマップのヘイブンの結果はこのようになった。




1stラウンドはラークのsyoutaがトリプルキル、5thラウンドはhiroronがクワドラキルをするなど、序盤はFENNELが有利に試合を進める。


6thラウンドではXdillのハンターズフューリーに、Kr1stalが返しのハンターズフューリーを撃つ頭脳プレイを見せるも、結局はJoxjoの1v2クラッチでFENNELがラウンドを取得。


前半を9-3で折り返したFENNELが、攻守交代後も変わらぬ強さを見せる。


17th、18thでは二連続で、ラウンド開幕すぐにsyoutaがスモーク抜きのダブルキルを取り、SCARZを寄せつけない。


最終的には13-5でFENNELがマップを取得した。



2nd. BIND


( Defender - SCARZ. Attacker - FENNEL. )



セカンドマップのバインドの結果はこのようになった。


FENNELは1デュエリストのハーバー、ヴァイパーという構成。



7thでは hiroron が一瞬でトリプルキルを取り、解説の yukishiro も「とんでもないプレイ」と絶賛の活躍でラウンドを取得。


一時 7-1 とリードするなど、FENNEL が前半を8-4でリードして折り返す。


後半はしかし、SCARZ らしい積極的なプレイが随所に見られ、FENNEL に強気に撃ち勝っていった SCARZ がマップを取得した。



3rd. ASCENT

( Defender - SCARZ Attacker - FENNEL )

サードマップのアセントの結果はこのようになった。



メタ構成のSCARZに対し、FENNELはアストラを採用した。



5thラウンドでは FENNEL がBサイト奥に設置したロックダウンに対し、SCARZ は全員で飛び込んで3秒足らずでサイトを制圧、ラウンドを取得した。


前半を8-4 FENNEL リードで折り返し、後半を互角の戦いを見せる。


21thラウンドは syouta のクワドラキルで SCARZ にAサイトの敷居すら跨がせず、22thラウンドはTORANEKO が1v2 クラッチ。


先にマッチポイントに到達したのは FENNEL だが、SCARZ も譲らず試合はオーバータイムへ。


25thラウンド はsyouta、Xdill のコンビが 2v4 を返し、26thラウンドはJemkin が圧巻のトリプルキル。


28thは体力24で一人残された Allen が1v2 クラッチでクワドラキル。会場からはその日一番のどよめきが起きた。


29thは CLZ が Kr1stal とのキャプテン同士の1v1を制すも、31th、32thラウンドと撃ち合いに押し勝った SCARZ が最終的に勝利。3マップ目を取得する。


このマップで SCARZ はファーストキルを21回も取り、連携力の高さを見せる。



4th. SPLIT


( Defender - SCARZ Attacker - FENNEL )



フォースマップのスプリットの結果は以下のようになった。




Regular Season に比べ、構成面ではFENNELは従来通りだが、SCARZは2コントローラー構成からサイファー入り構成への変更が見られた。


8thに Kr1stal のジャッジがミッドで火を噴き、SCARZ がスリフティー。


それでも前半は互角に試合が進み、6-6の同点で後半に折り返す。


19thの SCARZ はAスロープ進行を止められ苦しい展開に陥るも、ラウンド残り25秒でBサイトへのローテートを決断。これが功を奏し、無事このラウンドを獲得。


3ラウンド以上差の付かない熱戦は、リードされていた FENNEL が22thに SCARZ に追いつき、ラウンド数は11-11に。


しかし23thはTORANEKO、Yosiiiが2-4を返し SCARZ が先にマッチポイントに到達。


24thに調整バイを強いられた FENNEL に危なげなく撃ち勝ち、SCARZ がマップを獲得。




マップ数3-1で SCARZ が勝利し、3ヶ月前のSplit1のリベンジを達成した。


勝利した SCARZ はChallengers Ascension Apac への挑戦権を賭け、翌日 Jadeite との Grand Final へと駒を進めることとなった。


勝利を分かち合う SCARZ のメンバー




このウェブサイトは株式会社WASABIZによって運営されています。無断複製、転載を禁止します。




コメント


bottom of page